娘の2分の1成人式のお祝いに、家族写真を撮りました

この秋に、娘が10歳になりました。2分の1成人式のお祝いのため、家族写真を撮ることになりました。

旦那は7年ぶりにスーツを新調しました。今時の紳士服のお店はどこも、古い服を下取りしてくれると聞き、20年以上も昔のジャケットを下取りしてもらいました。おかげで数千円安く買うことが出来ました。

旦那にとっては、娘の七五三のお祝い以来の新しいスーツです。年甲斐もなくウキウキしている様子がうかがわれ、なんだかこちらまで嬉しくなってきました。私は娘の小学校の入学式のときに買ったスーツに、ブラウスと小物だけ変えて、低予算で準備しました。

撮影当日スタジオへ行くと、七五三の撮影のための着物姿の親子連れがたくさんいました。3歳や5歳のチビッ子たちが、着物を着たまま走り回っている姿を見て、うちもあんなだったな〜と懐かしくなりました。

娘は水色と紫色の2着のドレスを着て、ドレスによって髪型や背景も変えて撮影しました。家族写真では、私が椅子に座り、右側に娘が、後ろに旦那が立ち、緊張をほぐすためにスタジオのスタッフさんがちょっと笑わせてくれ、和やかな雰囲気の中での撮影でした。

アルバムが出来上がるまで2週間かかるそうです。今から楽しみです。視力回復センター 効果