出入り口先におすすめの縁起の喜ばしい置物がほしい

我が家の入り口先には、小さな空欄があります。
いまそのふとした空欄には、レンガを積んで作った花壇があります。
花壇と言っても手作りで、レンガを積んでグラウンドを入れただけの簡単な花壇だ。
その小さな空欄をプチリフォームすることにしました。
事植えの花壇をやめて、花壇に使っていたレンガを壌土に敷き入り口先のノリを置きかえることにしました。
レンガを敷きおわり、プチリフォームに終わりが見えてきた時それとなく思いました。
何か縁起の望ましいものを入り口先に置きたい。
そこでネットで調べてみると、カエルやふくろう、蛇、招き猫など色々あるのですが、
そんな中ピンと来たのがシーサーでした。
シーサーというと沖縄の屋根の後という様子がありますが、
今は沖縄県内だけでなく入り口先に飾って掛かる方も多くいらっしゃるようです。
シーサーを意識して近所の入り口後々を見ていたら、誠にシーサーが見て取れる家屋があり驚きました。
シーサーは魔遠のけや守り神として愛されていて、口が開いているほうが雄で閉じておるほうが雌だと知りました。
一段と、雄の口から好運を打ち込み口の閉じた雌が逃がさないと言われていたり、
カップル円満の象徴と言われていたり我が家の守り神にぎゅっとだと思いました。
シーサーと言っても色々あり、どういったものが我が家の入り口先にピッタリなのか悩んでいる。
のほほんと時間をかけて、うちにあったシーサーを見つけ出したいと思っています。